女性のびまん性脱毛症は治る?徹底改善対策方法

びまん性脱毛症は女性の薄毛の原因で一番多いとされている脱毛症です。

 

少し前までは40代以降から多く見られた症状なのですが、近年20代の女性にもびまん性になる方も増えていっています。

 

びまん性脱毛症が発生する原因はどのようなものでしょうか?対処方法と発症しない方法を調べました。

 

 

 

女性の薄毛で一番有名な脱毛症「びまん性脱毛症」

 

 

びまん性脱毛症は頭皮の髪が全て細くなり全体的に薄くなります。中でも頭頂部の分け目やつむじが目に見えてわかるのが特有です。

 

女性の薄毛は男性とは違って、急速に抜けていくものではなく、少しづつ全体的に細くなってきますので、気がついた頃にはかなり症状が進んでしまっている場合が多いです。

 

ここのところ、何と言うか髪の量が少なくなってきた、、と思い始めたら注意が必要です!

 

 

 

びまん性脱毛症の一番の発症理由は加齢
びまん性脱毛症の一番の発症理由は、加齢による進行です。

 

これまでは、40代過ぎてからの女性に多くあった症状なのですが、実際のところは日頃の生活・イラつき・やりすぎのダイエット・間違ったヘアケアもびまん性脱毛症に影響を与えます。

 

そういう理由から、近頃20代と言った若い人たちでも増えてきています。

 

 

びまん性脱毛症を発症させる3つの起因

 

 

びまん性脱毛症は年齢によるものやバランスが悪い日常生活が絡んで現れますが、その他の脱毛症がびまん性脱毛症が発症する場合があります。

 

年齢での抜け毛や薄毛の原理と、びまん性脱毛症の起因となる脱毛症を調べてみましょう。

 

 

 

 

 

年齢に伴う髪質・頭部の肌の違い
髪質は遺伝もあるので各々よって違いますが、日常のシャンプーや髪のケア、ストレス、女性ホルモン、年齢によって変わることがわかります。

 

女性のケースでは、30代終わりから次第に毛がやせ細っていく動きにあり、髪の毛内部にある遊離脂質もダウンするため毛髪の反発力も弱まります。

 

 

 

そして、頭皮の皮脂は15歳〜25歳にが最も活発です。

 

 

 

30代中盤を過ぎると皮脂は減っていくので、皮膚のしなやかさが無くなり張りつめた頭部の肌が新しい髪の毛の育ちを妨害します。

 

 

 

FAGA(女性男性型脱毛症)
人の身体は大きく女性ホルモンと 男性ホルモンの2つがあります。

 

 

 

女性の人のは、普通なら女性ホルモンが強いはずなのですが、更年期に入ると女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が逓減すると、男性ホルモンが単発的に多くなります。

 

抜け毛を発する男性ホルモンのが増えていくことにより、抜け毛が次第に多くなっていくことになります。

 

 

 

AGA(男性型脱毛症)では男性ホルモンが抜け毛の一番の要因となりますが、FAGAは日常生活やストレスなんかも脱毛の要因となってきます。

 

 

 

そして、頭の上端部や前髪の生え際が薄れて行ってしまうAGAに比べて、FAGAでは頭の上端部を主として全体的に薄くなるようにあります。

 

 

休止期脱毛
毛は髪の毛が伸びる「成長期」、伸びるのが遅くなる「退行期」、伸びなくなる「休止期」という大きく分けて3つのサイクルがあります。

 

正しい頭部の肌は髪の毛の10%が休止期であり、個々の髪の毛がローテーションで生えたり抜けたりしているので全体から薄毛になるということはないです。

 

 

 

しかし、何かしらの関係で頭皮の状態が悪化してしまうと、成長期のローテーションが短くなって髪の毛がきちんと発育しない状態で休止期に入るので短く細い髪の毛が増加してしまいます。

 

こういったように、休止期の髪の毛が増加して薄毛になってしまう状況を「休止期脱毛症」といいます。

 

休止期脱毛は要因や薄毛の状態によって「慢性びまん性休止期脱毛」「慢性休止期脱毛」「急性休止期脱毛」の3つの類に分類されます。

 

 

 

急性休止期脱毛
元気な髪の毛が抜け落ちて2ヶ月ほどで急速に頭皮全体の髪の毛が薄くなる脱毛症。

 

フラストレーションや高温、貧血、お産やピルの飲用で生じるホルモンバランスの一過性の異常、メンタル的ストレス、切開手術などであらわれてきます。

 

抜け毛ができる要因を取り去るとトラブルは快復しますが、頭部の肌の状態が正常化しないときは、びまん性脱毛症へと変化するケースがあります。

 

 

 

 

 

慢性びまん性休止期脱毛
臓器疾患や薬剤といった影響によりあらわれてきます。

 

半年以上の日数をかけ頭皮の毛髪密度がだんだん悪くなっていくのが特質です。

 

この脱毛症も抜け毛の要因を取り去ると元通りになる場合が高いですが、頭皮環境の条件が悪いままだと場合びまん性脱毛症の引き金となってしまいます。

 

 

 

 

 

慢性休止期脱毛
気づいたときにはしっかりした毛髪が少なくなり、髪の毛の密度が減ってるのが特性。

 

トラブルは慢性びまん性休止期脱毛のようなものですが、抜け毛発症がもたらされる原因が確認しづらいだと言われています。

 

 

 

 

 

おウチで可能「びまん性脱毛症」対策法!
びまん性脱毛症は日常生活の修正や日頃のケアで、トラブルの阻止・向上に方向転換することができます。今からは 「おウチで可能である、びまん性脱毛症の対策法」を公開します!

 

 

 

 

食事内容の改良で髪を成育させる!

 

 

髪の毛の元となっているタンパク質、この結び合せをサポートする亜鉛、潤い、血流活性化効果があるビタミン類を食事に入れこみましょう。

 

中でも亜鉛は髪の毛の生産に必要不可欠の栄養分ですが、飲酒やフラストレーションなどといったことが要因であり利用されるので気にかけて取り込みたいですね。

 

1つに的を絞って摂り込むと言ったことはやめて、全部の栄養分をバランスを考慮してまかなうことが元気な頭皮をキープするポイントです。

 

 

 

スポーツやお風呂で血の流れ良くする!

 

 

髪の栄養分は血液や酸素と共に毛根へと流通します。

 

 

 

工程の空き時間を利用してお手軽なストレッチングを取り入れる、通勤時に1駅分歩行するように頑張るなど、実行出来るところからで大丈夫です。血の巡りと代謝サイクルを強めることで毛髪の生産に欠かせない栄養分が浸透しやすくなります。

 

冷えは血行障害のもととなると言えます。

 

12〜3月は当然、7〜8月でも冷房で身体が冷えてしまうことが多くあるため、浴槽に浸かってジンワリと体を温めるのが効果的です

 

睡眠の2~3時間前に風呂に入ることで、体温が下降しやすくなり質が高く寝つくことが可能となっています。

 

 

 

深い眠りの品質を強める!
就寝時は髪の毛の生産やダメージの再生が施されるため、眠りの質を上げて髪の育ちを良化しましょう。

 

パソコンやケータイのブルーライトは脳を覚醒させてしまいますのであまり夜は使わないほうがいいでしょう。

 

 

勤めといった影響でやっぱり……というときはブルーライトカットのメガネを着用して行くなどして負荷を抑えたいものです。

 

 

 

ホルモンバランスを調整する!
女性ホルモンは一生涯のうちに生み出す量がすでに確約されているため、量自体を増殖させることは不可能です。

 

けれども、女性ホルモン近い効き目を見せる食品を体外から体に取り入れることで、ホルモンの働きをアシストすることが可能だと言えます。

 

イチ押し食品は 豆腐、味噌、納豆、黒豆といった大豆商品にたっぷりと混ざっている「大豆イソフラボン」。

 

植物性の素材ですから服薬治療と違って、身体に影響を及ぼす心配が見当たらないです。
出産・授乳中も使えて産後に現れる休止期脱毛にも応対出来ます。

 

 

 

マッサージで健やかな頭皮の肌を目指す!

 

 

髪の毛を生成するための栄養を支給しているのは、頭部の肌内側の毛細血管です。

 

頭部の肌が血流不良などで強張っていたら毛細血管が縮小し、栄養が伝達しづらくなってしまうのです。連日の頭皮マッサージをルーティンに、しなやかく髪の成長しやすい頭皮基盤を期待しましょう!

 

寝起きや夜の洗髪前、眠る前などに、生え際から頭の上端部に対して指の腹で円をまわすようにみほぐします。

 

頭部の肌を痛める元凶になるので爪を立て無いように気を付けてください!

 

連日忘れずにすれば髪の毛を育てる毛母細胞の動きが上がって、育毛効果が発揮されます。

 

 

 

 

 

女性用育毛剤で頭皮に栄養分注入!

 

 

育毛剤には血行活性化、保湿効果のある素材が含有されているので、環境が悪い頭部の肌に栄養分を与え保湿したら発毛周期の改良ができます。

 

副作用恐れを低下させるケースでも植物性の素材で開発された品物を選択するのが大切です。

 

びまん性脱毛症は女性ホルモンの低下が、非常に大きい原因の1つだと言えます。

 

そうならないように、男女兼用の育毛剤ではなく女性ホルモンを手助けする素材が含まれた女性専用の育毛剤をセレクトしましょう。

 

引き続いてケアをするおかげで太く健やかな髪の毛が増えて、毛髪にコシが出てくるので、びまん性脱毛症の症状である分け目も目に付かなくなります。

 

女性用育毛剤は血行活性化効果で凝固した頭皮を柔らかくし、大量に栄養充填することができる便利な商品です。
原料や肌が弱いことを気になる人はルルシアのように肌に優しい女性用無添加育毛剤を選択するのがいいかと思います。

 

最後に

 

びまん性脱毛症は早期対策を!

 

びまん性脱毛症は進行性です。異常が害されるほど治りにくくなりますので早め対策法が絶対必要です。

 

とりあえずはバランスを崩した発毛サイクルを正常にすることが必須。頭部の肌に絶対不可欠な栄養分と豊富な潤いを入れて元気な毛を作るようにケアしていきましょう。

 

 

 

びまん性脱毛症はそれぞれによって違いますが血行活性、ホルモンバランスの手助けで阻止・向上を狙えます。

 

分け目のわからない健やかな髪の毛は外見年齢をまるっきり決めますから、いつもから日常生活を良くし女性用育毛剤でのメンテを行い、いつになろうともフレッシュに素晴らしい髪を求めていきましょう!